2013年2月1日

丁寧なスキンケアでアンチエイジング

久しぶりに同窓会に訪れると、学生時代とほとんど変わらない人もいれば、太っていたり、痩せていたり、髪の毛が薄くなるなどで、大きく印象が変わってしまっている人もいます。

しかし印象が変わった程度ならまだましですが、老け込んだように見られて、苦労でもしたんじゃないかと、下手に心配なんてされると余計に落ち込んでしまうものです。額のシワや、笑った時に出る目じりのシワ、ほうれい線などは一度できてしまうと、実際の年齢以上に老けて見られるものなので、深く刻み込まれて、張り付いたような状態になる前になんとかしたいですね。年齢を重ねていくと、鏡を見るのが嫌になるぐらい、顔にシワやほうれい線、お肌のたるみなどが目立つようになってきます。これは夏の強力な紫外線や、冬の空気の乾燥などで、お肌が深刻なダメージを受けることが原因とされているので、それを日頃のスキンケアで防ぐことが大切です。他にも喫煙や睡眠不足などの生活習慣や、人間関係のストレスなども、お肌を痛める要素のひとつになるので、普段から健康的で、ストレスをためない生活をするよう心がけたいものですね。スキンケアで気を付けなければならないポイントは、どれだけお肌にしっかりと水分を補充出来るかということです。お肌からうるおいがなくなると、ガードするための機能が落ちてしまうので、荒れやすい肌となり、シワやシミ、ほうれい線などができやすくなってしまいます。ですから化粧品はもちろんのこと、洗顔料の段階でも、しっかりと保湿成分が入っているものを選ぶ必要があります。

保湿成分にはヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸などがありますが、これに加えてアンチエイジングの美容成分として名高いコラーゲンやビタミンCなどの成分が配合されていた方が望ましいでしょう。若い頃はお肌の内側にこのような保湿成分を、長時間に渡って閉じ込めておく機能が自然と備わっているものですが、年齢を重ねるたび、それは失われてしまいます。ですからうるおいを出来るだけ逃がしたくないと思ったら、自分でこまめに美容成分を補充するほかはないのです。そのような細かいスキンケアがいつまでも若さを保っておくためには重要ですが、ときにはそれが追い付かず、肌荒れがなかなか治らない場合があります。そんなときは自力で回復させるのには時間がかかってしまうので、エステサロンや美容外科クリニックの専門家に頼るのも仕方がないことかも知れませんね。他にもサプリメントや美容ドリンクなど、方法には色々あるので、美しい肌をキープするための努力は惜しまないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*