2013年2月1日

基本的なスキンケアの方法

睡眠不足や暴飲暴食、脂分の多い食事や糖分の取りすぎ、偏った食事、喫煙や飲酒など、偏った生活習慣を繰り返していると、一気に肌に表れてきます。一方で、きれいな肌の人は、生活習慣がとても整っている人が多いですし、運動も食事もきちんとして、とても健やかな体を持っている人が多いですね。偏った生活習慣の人が一生懸命スキンケアをしても、なかなかキレイにはならないのは、ちゃんと理由があり、まずは生活習慣を見直すことから始める必要があります。睡眠をしっかりとり、野菜や肉、大豆、乳製品、炭水化物をまんべんなく取ること、喫煙をやめることなどを日々少しずつ取り入れていけば、肌のきめが整ってきて、白く美しいはりのある肌に戻ってきます。その上で、しっかりとスキンケアをしてあげることで、肌本来の性質を取り戻し、長期的に渡って美しい肌を保つことができます。スキンケアには、まずは汚れを落とすこと、そして保湿が何より大切です。夜、顔を洗う時は、せっけんをしっかり泡立てて、指でこすらず泡を肌にのせるような感じでまんべんなく顔にのせていきます。

そして、ぬるま湯でしっかり洗い流します。清潔なタオルでぽんぽんと押すように水分を拭いたら、しっかりと化粧水を浸透させます。時間に余裕があれば、コットンパックをしても良いでしょう。コットンパックは、コットンにたっぷりの化粧水を含ませて、顔のそれぞれのパーツにコットンを貼っていきます。大判のコットンの場合、4枚から5枚を使って、両頬、おでこ、鼻、目尻、鼻の下、あごなどに貼っていきます。5分ほどしたらはがして、しっかり手でなじませ、クリームを塗ります。クリームを塗る時も、最初に手にとり、しっかりと手の中で温めてから、肌に乗せるようにすると、負担なく、また浸透率もよくなります。その時、適度に力を入れて肌のリフトアップのマッサージをすると、より効果的です。最後に美容液でしっかりとパックしておきます。

朝は、ぬるま湯でさっと顔を洗うだけでOKです。せっけんは、1日1回使うだけで十分です。過度に表面の脂分を取らないことがスキンケアの鉄則です。清潔なタオルで水分を拭ってから、保湿が足りないなと思ったら化粧水を軽くつけて、クリームを塗り、化粧下地などを塗ってお化粧をしていきます。にきびなど吹き出物がある場合は、できるだけその部分は化粧をしない方が早く治りますし、悪化を防ぐこともできます。これら基本的なスキンケアと生活習慣の見直しをすることで、一気に肌が若く美しくよみがえってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*